妊活と言えば、女性側にばかり注目されやすい

妊活と言えば、女性側にばかり注目されやすいですが、夫婦において、妊活は女の人だけではなく、男の人も行うものです。

そこで具体的に、男性ができる妊活、食事の改善について考えてみます。男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、亜鉛、アミノ酸の一つであるアルギニン、そしてビタミンE、ビタミンB群といったものを挙げることが出来ます。

毎日の食事にこういったものを導入することを意識して、妊活の成功率をよりアップさせましょう。


医師の勧めもあって、妊娠がわかるとすぐに、葉酸サプリを購入して飲み始めました。

病院では、妊娠がわかったらできるだけ早く飲みなさいと強く言われましたが、では、いつまで飲めば良いのかとは最後まで何も言われなかったのです。
ですから、1袋が終わったところでサプリメントを飲むのは止めました。

しかし、産後の女性にも葉酸が必要だとわかったのであわてて葉酸サプリを再開しました。人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず全身の血液循環をよくすることは従来から挙げられています。



血行が悪くなるのはあらゆる不調の原因で、腰や肩が痛い、凝るという局部症状の他、冷え性や不妊といった全身症状にもつながると言われるのでそうした症状を改善したい場合は試しに葉酸を多めに摂るようにすると少しずつ良くなってくるかもしれません。その際、ビタミンEの摂取も行うとさらに血行を良くする効果があります。必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと他の栄養素と同様、妊娠していない人より多く、妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ葉酸不足には陥りません。


ただし、葉酸が大事な栄養素だといっても、摂りすぎの害も知られています。

葉酸の過剰摂取が引き起こす問題として発熱や身体のかゆみと言った症状を引き起こす可能性があるので、たくさん摂れば良いというものでもないのです。


少子化と同時に男女を産み分けることを希望する夫婦も増加しているようです。ですが、現時点で我が国の医療では男女を産み分ける確実な方法はまだ見つかっていません。



そういった現状を分かった上でそれでもなお諦めるわけにはいかないという事であれば後述の方法をやってみてください。

男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。葉酸が豊富な食材というと葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますが葉酸をたくさん摂るためだけに特定の食材だけ毎日食べていくというのもちょっと考えられない話です。上手に葉酸を摂れる方法の一つに手軽なスムージーも良いでしょう。

作り方といえば、ミキサーに葉酸の豊富な野菜や飲みやすくするための果物、水分を入れれば水溶性で熱に弱い葉酸を手軽に摂れるスムージーができあがります。



子供を授かりたいと思うならば栄養の不足や偏りに注意すべきですが、妊娠初期に葉酸の不足が続くと、生まれてくる赤ちゃんに先天性障害が起こる危険が高まります。
水溶性ビタミンである葉酸は、尿に溶け出しやすく体内に蓄積されるものではなく、日々摂取しなければならない栄養素だということを頭に入れておいてください。
例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物、そしてレバーなどからもたくさん摂取できるため、その他の葉酸が多い食材も調べて、毎日食べるようにしてください。
葉酸の特長として、熱に弱いことが挙げられます。



従って日頃の食生活の中では必要量を摂取できないことが多いため必要に応じてサプリメントなどで補った方が良いでしょう。
葉酸のサプリもいろいろありますが、製造中に加熱処理されていないものを選ぶことがポイントの一つに挙げられます。その成分が自分の身体を構成していくので人工的な合成品を原料として使っていないこと、不要な添加物が配合されていないことという安全面もよくチェックしてください。食事からの摂取だけでは、どうしても不足しがちな葉酸は、足りない分はサプリなどを飲み、毎日所要量が摂れるようにした方が良いのです。
妊娠している女性や、産後の女性など通常よりも多くの葉酸を摂らなければならないにもかかわらず葉酸の摂取量が、食物だけでは不十分なときや、改善されにくい貧血の治療の中で、時々用いられる手段として、集中的に注射で投与することも考えられます。
胎児が神経管閉鎖障害などにならないようにするため、母体は葉酸を摂らなければなりません。

妊娠している女性は、葉酸を強化して摂取することを近年は厚生労働省も推奨しているのです。

効果的な葉酸摂取の方法として、ごく当たり前の食事をとっている限り妊婦の所要量を摂り続けることはとうてい困難です。

葉酸を強化した食品やサプリメントを摂ることも考えて所要量を満たせるだけの葉酸を摂れるようにしていきましょう。